即日融資は便利なサービスです

どうしても欲しい物があったのでお金を借りてでも買おうと考えていました。もう我慢出来無くて人からお金を借りてでも買いたかったのです。ですが欲しい物があるからお金を貸して欲しいだなんて恥ずかしくて言えませんでした。

人から借りる事が出来ないと感じたのでキャッシングに頼る事にしたのです。良く分からずキャッシングをしに行ったのですが即日融資をしてもらえると聞いたのでまた来るのも面倒ですしその場で申し込みをしました。

即日融資だなんてあまり信じていなかったのですが本当にすぐにお金を借りる事が出来るようになりました。順調に事が進んだのでそのままお金を借りて欲しい物を買ってしまいました。

即日融資のおかげで買う事が出来たのでもう悩む事はありません。こんないいサービスがあるのだなと感じました。

カテゴリー: 即日融資は便利なサービスです | コメントをどうぞ

変動金利型の住宅ローンとは

住宅ローンの借り換えで利用者が増えているのが、「変動金利型」といわれるタイプの住宅ローンです。この変動金利型とはどんなものなのでしょうか?

変動金利型の住宅ローンは、半年に一度金利の見直しが自動的に行われます。毎月の返済額は基本的に5年間一定となっていますが、近年は返済額が半年に一度変わるという商品も出ています。

変動金利型には、返済額の固定期間が5年と半年という2種類のタイプがあるということです。変動金利型は、低金利時代には返済額が抑えられるのですが、返済計画が立てづらいという難点もあります。

変動金利型の住宅ローンを利用する人は、金利タイプの切り替え時期が重要になります。金利の上昇に合わせて、固定選択型へ切り替えるという柔軟性もありますので、切り替える時期はよく考えておく必要があります。

もし、金利はしばらく上がらないと考える時期には、固定金利選択不可の変動金利型を選ぶのがおすすめです。

固定金利選択不可の変動金利型は、一度変動金利型で借り入れをすると、借り入れ期間中はずっと変動金利で借り入れすることになります。金利上昇リスクを借り入れ期間中は負うことになりますが、金利はしばらく上がらないと考えるのであれば、借り入れ期間中の金利が変わらないことでメリットは大きくなります。

固定金利選択不可の変動金利型は、金利優遇などが付いている変動金利型住宅ローンに見られます。

変動金利型および固定金利選択不可の変動金利型は、金利の固定期間は一般的に半年となっています。返済額の固定期間も5年間または半年で同じです。金利タイプの切り替えについてだけ、固定金利選択型へ切り替えができるかできないかの違いがあるのみです。

変動金利型および固定金利選択不可の変動金利型の住宅ローンは、ほぼすべての民間金融機関が取り扱っています。

借り換えで増えている住宅ローンの変動金利型はこのような特徴があるタイプですが、現代の社会状況には合っていることがわかります。変動金利型で組んでいる人が借り換えをしているということからも、住宅ローンの商品はさまざまなメリットのあるものが出ていますので、住宅ローンの支払いをしている人はしっかりとチェックしたいですね。

カテゴリー: 変動金利型の住宅ローン | コメントをどうぞ

レイクは銀行法が適用

レイクのキャッシングは、このように無利息サービスが設けられている融資商品となるので、利用に際してもおトクに無理なく利用が出来ると思います。

本来なら、カードローンの金利は「○%~18.0%」で初めての融資は大抵50万円以下なので、最高金利が適用されます。

そのため、通常は借入に対し「18.0%」の金利が加算して返済をしますが、レイクの場合はその金利が非常におトクなので、無理なく利用出来るという事なのです。

しかもレイクは、銀行系の融資会社という事で銀行法が適用されるため、総量規制対象外となり、その点に関係なく利用可能ですから、申込みに際しても一般に貸金業者からの借入が出来ないといわれる専業主婦の銀行での借入も実現します。

カテゴリー: レイクは銀行法が適用 | コメントをどうぞ

アコムのカードローンの初期限度額

アコムのカードローンの限度額は「500万円」となります。

他、融資商品により限度額は異なりますが、アコムで初めて借入をする場合は限度額は申込み者の属性により異なります。
アコムカードローンに申し込みをした場合、先に紹介するように原則最高限度額は500万円の大口融資商品です。

しかし、申込み者一人ひとりにより限度額は異なります。

つまり、年収200万円の方がアコムカードに申し込みをした場合、その方の年収の3分の1は、65万円前後なのでその範囲内でローンに伴う限度額が設定されます。

もし、この方が他での借金がひとつもない方であれば初めての融資でも限度額50万円という事もあります。

ただし、初回申込みで初めて利用する場合、いきなりそのカードローンの最高限度額が設定される事はありません。

アコムは消費者金融業者ですから、当然貸金業法に基づき限度額が設定されるので、500万円の融資が実現するのは1500万円以上の年収が無くてはあり得ません。

つまり総量規制の問題があるため、現在消費者金融からの借入は年収の3分の1以内の融資しか実現しませんので「500万円の融資が実現するのでは?」という考えでアコムのカードローンへ申込む事は間違えです。
結論として、アコムに限る話ではありませんが、消費者金融業者では総量規制に伴い融資を行いますので、年収の3分の1以内しか融資が受けられません。

そのため、年収200万円の方がアコムへ申込めば、問題なく審査が行われ限度額が設定されれば最高金額で50万円の限度額だと思います。
【年収200万円 他社利用2件 40万円の借金有のケース】

・200万円÷3=「66万円弱」他社利用が無ければ60万円前後の融資が実現

・66万円-40万円=26万円前後他社2件分(40万円の利用)の債務があれば25万円以内の融資が実現
このように審査の上で申込み者のローンに伴う限度額が決められ、なお且つ職業や勤続年数、家族構成、保険区分等により属性レベルがつけられて審査されますので、アコムの融資を初めて利用する場合は最高額で50万円の限度額となり、後は属性等を調べながら決定する事となります。

カテゴリー: アコムのカードローンの初期限度額 | コメントをどうぞ

アイフルの商品について

アイフルではキャッシングやカードローンを商品として提供しています。
ホームページがあり、そちらから商品の詳細は把握できますし、申し込みも可能です。

ホームページの利用方法、問い合わせフォームもあるので、サービス内容の他、わからないことがある場合にもホームページを利用することができます。

申し込みのあとは、審査があります。アイフルの審査対象者は定職に就いている人となっています。収入が安定していると審査に通りやすく、雇用形態には特にこだわりはありません。パート、アルバイトであっても審査に通る可能性は充分にあります。

一般的なキャッシングやカードローン同様、借りたお金には利用制限は発生しません。またこの他アイフルでは、目的別ローン、不動産担保ローンもあります。

カテゴリー: アイフルの商品について | コメントをどうぞ

アイフルの審査基準

アイフルは、消費者金融の中で大手ですが、どの消費者金融を利用しても自社独自の審査基準を設けています。

そのため、アイフルで申込を行い審査を受ける場合には、アイフルの審査基準を確認して満たしている必要があります。

アイフルのホームページを見てみると、審査基準の詳細について、公開されていませんが、他の消費者金融と同条件の審査基準となっている所も多いので、参考にしながら審査を受けると良いと思います。

アイフルの貸付条件を見てみると、年齢は、20歳以上で毎月安定した収入があり返済能力のある事と住所と勤務先の確認が取れると審査に通過する可能性は、高くなるようです。

ただ、年齢と毎月安定した収入のあるアルバイトやフリーターの人でも申込み状況によっては、審査に通る場合と通らない場合もあります。

でもアイフルの利用者達からは、審査は、良好に行われるとの意見が多いので、審査を受けたほとんどの人が審査を通過して契約しているようです。

アイフルの審査では、基本的に担保や保証人も必要なくキャッシングを行うにあたり注目するポイントだと思います。

一般的に審査が厳しいから安心出来る消費者金融にはなりませんが、審査がスムーズでキャッシングしやすい事がアイフルが利用者から高い評価を得ている理由であることから利用者も安心して利用する事が出来るのです。

実際に審査結果は、申込を行わない限りわかりません。審査通過する事で問題無くキャッシングする事が出来ますが、例え、審査に落ちた場合でも信用情報に申込の情報は、記録されますが、信用情報が悪くなる事は、基本的にありません。

この審査は、各社独自の基準によって行われるので、アイフルでは、審査に通過したけど、他の業者では、審査に落ちてしまったと言う事も珍しくありませんので、落ちるのが嫌だからと思う前にアイフルで申込を行ってみましょう。

特に問題無ければスムーズに審査通過出来ると思いますよ。

カテゴリー: アイフルの審査基準 | コメントをどうぞ